サッカー日本代表は、公益財団法人日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本のサッカーのナショナルチーム。FIFAワールドカップには5度出場しており、最高成績は2002年大会と2010年大会のベスト16。AFCアジアカップでは最多となる4度の優勝を記録している。ずっと日本代表チームを応援する。

チームエンブレムの紹介

日本サッカー協会:(英語:Japan Football Association、略称:JFA)は、日本サッカー界を統括し代表する団体として、サッカー競技の普及および振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とします。

日本代表 ユニフォームのチームエンブレムの上で、文字「JFA」を除き、三本足の烏があります。JFA旗に描かれた三本足の烏は、日の神、太陽を表しています。光が輝いて四方八方を照らし、球を押さえているのは私たち日本のサッカー界を統制・指導することを意味しています。

この三本鳥は八咫烏です。准南子という中国の古典や芸文類聚五経正義という本に、太陽の中に三本足の烏がいると書かれています。日本神話にも、神武天皇御東征の際に、タカミムスビ(日本神話の神)によって三足烏が神武天皇元に遣わされ、熊野から大和への道案内をしたと言われています。日本サッカー協会は、1987年より日本代表チームのシンホルマークとして、勝利に導く、ボールをゴールに導く神様として「八咫烏」を昭和6年に採用しました。

日本代表 歴代のユニフォーム

世界のほとんどの国は国旗の色を代表ユニフォームの色に使用していますが、もちろん日本は例外です。以下は1999から2017年まで 日本代表 ユニフォーム です。「青いユニフォーム」が目立つようになります。そもそも青いユニフォームの由来とは一体なんでしょうか?

「日本の国土を象徴する海と空の青」と一般的に考えられています。実際に、日本のユニフォームは、戦前に水色を採用しており、戦後もデザインはそのまま使用されてきました。1988年頃、一時赤いユニフォームが採用された時期がありましたが、1992年に再び白と青のユニフォームに戻りました。それ以降は青と白を採用しています。

1889年には、ユニフォームのカラーを日の丸の赤に、胸のマークも日本サッカー協会のエンブレムに変更されました。当時、世界の強豪は国旗のカラーを使っているのが主流になりました。
1936年ベルリン・オリンピックに出場した日本代表のユニフォームです。濃い青を採用しています。このユニフォームを着け、「ベルリンの奇跡」を成し遂げました。

1992年に広島でアジアカップを開催しました。このユニフォームは今回の試合に向け、かつてない斬新なデザインとなりました。これまでの流れから見れば違和感を与えたが、Jリーグスタートの各チームのユニフォームはさらに華やかで、時代の流れに沿ったモデルチェンジと言えました。

大勢の日本代表歴代のユニフォームを見て、興味を持っていますか?これはユニフォームだけでなく、サッカーの文化を含まれるものです。このサイトで、日本代表 サッカー ユニフォームを用意していますが、もし気に入ったら、どちらでも選択できますよ。